2015年02月01日

日本がテロの標的にならないために何をすべきか

邦人2名がイスラム国(ISIL)に拘束され殺害や脅迫を受けるという悲痛な事件が進行中である。イスラム過激派組織によるテロが日本や日本人の身に及ぶ事態が現実となってしまった。今は、日本政府に邦人救出に全力を尽くすことを望み、事態の好転を祈るばかりである。

この件がどのような形で進行するにせよ、今後、日本がどのような姿勢でテロ対策に臨むのか、日本がテロの標的とならないために何をすべきか、これは極めて重要な火急の議論である。

読売新聞は、日本政府がテロ警戒レベルを上げたことを受けて、理由を以下のように解説している。(128日 読売新聞)

「今回の事件をきっかけに日本人がテロリストにとって宣伝効果や利用価値の大きい格好の標的に浮上した恐れがあるためだ」

「日本は中東から遠く、軍事作戦にも加わっていないことから、これまでは比較的、過激派などの攻撃の対象にはなりにくいとされてきた。しかし、今回の事件では、欧米や中東諸国の首脳級が相次いで遺憾の意を表明したほか、日本だけでなく、各国メディアでも大きく取り上げられるなど、国際的な関心事になった。日本がイスラム国対策で多額の経済協力を行っていることや、日本人に危害を加えても軍事作戦などの報復を受ける恐れがないことも知れ渡った。」

これらは的を得た指摘だ。つまり、日本がイスラム国の敵であることがより鮮明になったために、テロの標的にされる確率はより高まったということだ。

日本がテロの標的とならないために何をすべきか。それは、テロと隣り合わせの国際情勢の中で、日本がどの様な理念と覚悟を持った国家として歩んでいくのかという重い選択でもある。その選択の手がかりとなるものが、パリで起きた銃撃事件の背景と「表現の自由」を掲げた30万人大行進の意義を考察することによって浮かび上がってきた。

今回の記事は、以下のテーマに沿って書き綴っていく。

1) シャルリ社銃撃事件と「表現の自由」の大行進

2) アラブ諸国に強いられた不正義と苦悩

3) 大行進によってより鮮明になった「反欧米」vs「欧米至上主義」

4) 日本のとる道は、挑発と暴力の応酬に参加しない道

Continue to read


posted by Oceanlove at 07:18| 世界情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。