2016年04月21日

インタビューシリーズ第4回「日本の人々は真に自立する覚悟があるのか?」

アメリカの軍事政策、日米同盟、そして平和憲法などをテーマに、日米の専門家・一般市民にインタビューを行い、シリーズで掲載します。様々な立場の人々の意見に耳を傾けることで、この問題に関する知識と理解を深め、自らの安全保障問題を考える際の材料としていただければ幸いです。

* * * * * *


ゲスト: ケン・タイハスト氏(50代)。退役軍人。ブルガリア、サウジアラビア、英国などの空軍基地にて勤務。共和党支持者(ただし、今回の大統領予備選では共和党に支持候補はいない。サンダースに共感)


筆者: 今日は、空軍でのご経験を踏まえていろいろなお話を伺わせていただきます。私の質問は、リベラル・反戦の立場からのものが多くなると思いますが、オープンな議論を楽しみにしています。

タイハスト: 今、リベラル・反戦の立場と言いましたね。戦争に行く立場にある人間が、好戦的だというのは、大きな誤解なんです。我々は決して好戦的ではないんです。だって、現実に犠牲になるのは軍人ですよ。

軍人は常に両極の間に立たされています。つまり、戦争などない方がいいに決まっていて、必ずしも軍事作戦に賛同しているわけではないけれども、より大きな善のために、やるべきことをやらなければならない人間たちいると認識しているということです。そして、自分のやっていることが、大きな善のためになることを願っています(動画参照)。

当然そこには政治的な駆け引きなどが入り込んでくるわけですが、純粋な気持ちとしてはそうなのです。

Continue to read....


posted by Oceanlove at 14:08| 安全保障インタビューシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。